国家資格と整体師

整体師の国家資格はありません

これから整体を学ぼうという人の中には、整体師という国家資格があると思っている人もいるかもしれません。
しかし、残念ながら国家資格はありません。
鍼灸師やマッサージ・あんま師、柔道整復師とは別物で、整体というのは医療類似行為です。免許も何もありません。

整体を学んだことがなくても、整体師と名乗って開業することも可能です。

ですから、国家資格を取って安定した仕事になる・・・とは思わないで下さいね。
国があなたのスキルを保証してくれないわけです。

では、医療類似行為なんてやってよいのかという疑問が湧くかもしれませんが、整体のような医療類似行為は合法とする判決が過去に出ており、それをよりどころにして今の整体などの代替医療業界は成り立っています。

ですから、資格は無くても手に職をもつことはできますのでその点は安心して下さい。

ちなみに国家資格の場合、数年間学ぶ必要あり国家試験も受けなければなりません。そのための学校の費用や時間もかなりかかります。整体師になるよりハードルが高く副業でやるというレベルでありません。

そして、それだけ苦労して勉強してもギックリ腰を一発でなおす方法なんて教わりません。鍼灸はよいですが柔道整復師やマッサージ師という資格は、痛みを取るという技術に関してはビックリするぐらいレベルが低いことが多いです。

人の痛みをとって喜んでもらうという仕事をしたいなら、整体師の方がよっぽど近道だと思いますよ。

整体師の資格に価値は無い

国家資格はなくても色々な整体の流派や協会による認定資格というものがあります。
しかし、これも国が認めたものではありません。勝手にその協会や流派の人が言っているだけのものです。

ですから、資格が取れるからという考えで整体を学ぶことは止めましょう。

「資格さえあれば・・・」

という考え方では整体の世界(多分他のプロフェッショナルの世界でも)では失敗します。

整体師の売りはどんな資格を持っているかではなく、技術・人間性などすべてを含めたあなた自身が売り物です。

ここを勘違いしないで下さい。

資格が取れるかどうかはオマケだと思って下さいね。それよりどんなことを学べるか、どんな環境で学べるのかを意識して学校を探しましょう。

たまに、その学校で教えている手技の名前を屋号や看板につけるのにお金を取るところもありますが、そういうところは止めておいた方が良いです。その手技の名前で人が集まるのなら、同じ手技の人が近くでたくさん開業したらどうしようもありませんからね。

最後にもう一度書きますが、最大の売りはあなた自身です。決して資格でも認定書でもありません。

このことを忘れず「資格ビジネス」のカモにならないようにくれぐれも気をつけてください。