整体師の働き方には2種類ある

あなたは整体師の働き方についてどのようなイメージを持っていますか?

整体院やマッサージのチェーン店で雇われて施術する姿?

それとも、

整体院を開業して院長としてやっている姿?

どちらが良いも悪いもありません。しかし副業として整体を考える場合、どちらを思い描くかで学校選びの基準や勉強することなどが変わってきます。

また、なぜ副業として整体を選んだのか?その理由によっては整体という仕事は向かない場合もあります。そのあたりを書いてみたいと思います。

雇われ整体師になる場合

雇われの場合、集客や店舗の管理などはオーナがや院長がすることです。

あなたは施術に集中することができます。とはえい、本当は指名客がつくような人気者になるためにはマーケティングや接客のスキルも必要になってきますが、とにかく学ぶことは少ないです。

1年も頑張れば副業の時間でもスクールへの投資も回収できるでしょう。また、今働いている所に不満があれば、別のお店に変わることもそれほど大変ではありません。

副業をやる目的が、少し追加で収入が欲しいという場合には時給の高さや手に職を持つというメリットを考えると悪くない選択肢です。

ただ、初期投資として金額と時間がかかるのが難点です。

長い目でみると得られるメリットは大きいですがすぐのお金が欲しい場合はコンビニや居酒屋でバイトする方がずっとよいです。

あなたが副業をしたいと思った目的と現在の経済状態から適切な判断をしましょう。

たまに、初心者OKでお店で経験を積みながらできるというマッサージ店もあります。

私の知り合いで、そういうところで働きながら整体のスクールに通って整体師になった人もいますが、その人は「毎日来るお客さんを裁くので一杯一杯で高度な技術は身につかない」と行っていました。

副業をやる目的が、ただお金のためだけでなく「痛みで困っている人を助けたい」という思いも強いのなら、多少時間がかかっても整体スクールに通うほうがオススメです。

一人で集客から整体、つまり独立開業の場合

副業といえども、一人で集客や整体をするというのは立派な開業だと私は思います。小規模であれ全てを自分で管理しますからね。

こちらの場合は整体の技術だけでなく経営やマーケティング、お金の管理など全てを自分でこなさなければなりません。雇われよりやることは多くなりますが、色々な経験を積むことができるので自分を成長させることもできます。

もし、うまくいけば会社を辞めて独立開業も可能でしょうし、あまりうまくいかなくてもダメージはその経験は会社での仕事にも良い影響を及ぼすと思います。

今の会社が嫌で辞めたいと心の何処かで思っているなら、こちらの選択肢を選んで頑張る方がよいと思います。私の知り合いの整体師で、当時勤めていた会社が嫌で嫌で逃れたいと強く思っている人がいましたが、見事な行動力で独立開業して2店舗目までだすぐらいになっています。

逆に何となく収入が良さそうだからやろうかな・・・という感じの人は雇われのコースを選ぶ方がよいです。

どちらの整体師の働き方を選ぶかは、あなたがなぜ整体という職業に興味を持ったかで決めると良いと思います。