整体師の仕事とは?

あなたは整体師という仕事にどのようなイメージを持っているでしょうか?

私は整体の仕事をはじめてすぐに脱サラ開業して2014年で7年目になります。

これぐらいやると業界の動向や、整体師の現実というものがわりとよく見えてきます。良い面もあれば悪い面もあり、脱サラする前に思い描いていた理想とはすこし違っていたりします。

副業であれ整体という仕事に興味を持ったのなら、現実はどうなのかということをまずは知っておいて欲しいです。

それを踏まえてそれでも整体師を目指そうと思える人は是非頑張っていただきたいと思います。なんか違うなと思う人は、踏みとどまって他の道を探すのもあるかなと思います。

整体師の良い面

整体の学校や通信講座などではよく言われることですが、

「整体は患者さんに感謝されながらお金を頂ける仕事」

です。それもダイレクト感謝されますから充実感はとてもあります。

また、現在の整体の相場だと時間給も普通の仕事よりかなり良いです。時給4〜5000円ぐらいが普通ですからね。

実際、商売が上手い人はもっと高額でやっている人もいますが、ここでは一般的な額を描いておきます。

収入と充実感という意味ではかなり満足度が高い職業です。ただし、集客と治せる技術があれば・・・

整体師の悪い面

ダイレクトに感謝されると言うことは、ダイレクトに批判されることもあると言うことです。

人の体はまだまだ分からないことだらけですから、どんなに経験を積んだ整体師でも治せない症状はたくさんあります。なおらない患者さんに当たると罪悪感やストレスが強くなります。

また、整体の技術と集客は別物です。集客できなければいくら単価が高くても売上げは上がりません。そうして潰れていく整体院が多いことも確かです。

副業なら集客に関してはダメでもそれほどダメージはありませんが、なおらない患者さんを対応したときのストレスは変わりません。そういうのに耐えられる精神的な強さもある程度必要だと思います。

また、基本的に時間の切り売りである肉体労働系の仕事なので、ケガをしたりすると収入がゼロになります。

このように悪い面も多いですが、それ以上に良い面、特に感謝される人の役に立っているという充実感は何物にも代え難いものがあります。

そのあたりに価値を置くことができるなら整体という職業に取り組んでも大丈夫でしょう。時給が良い仕事・・・ぐらいの認識だとやめておいたほうがよいです。